MENU

FYI トップを目指す30代のための転職エージェント選び

優れたエージェントに出会うための第一歩

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

当サイトは
トップを目指す30代のための
転職エージェント選びの
サイトです。

近年エージェントサービスは、ひと昔前と比べずいぶんと一般的になりました。しかし、その一方でまだまだ多くの誤解のもと、惜しい転職をしてしまっているケースが散見されます。このサイトはそんなつまらない転職をしないために気を付けるべきポイントや、おすすめエージェントなどを紹介しています。

転職では、新しい仕事を
「どう探すか?」
が重要

トップを目指す30代が、転職において知っておくべき重要なことがあります。
それは求職者は、転職において、求人情報についての圧倒的情報弱者であるということです。そして仕事で「何をするか」だけでなく、その仕事を「どう探すか」ということがとても大切だということです。
皆さんのように、どこの会社でも通用するスキル、ビジネスセンスを持った人材を採用したい会社は、それこそ星の数ほどあるでしょう。企業はあなたのような「できる人」をあの手この手を使い、何としても獲得しようと奔走します。またたとえ一見、同じ内容の求人情報であっても、一般応募なのか?誰かの紹介なのか?どのエージェントからの紹介なのか?などにより年収や、場合によっては入社後のポジションにまで大きな開きが出ることもあります。

転職市場は玉石混交
よい仕事を見分けるのには膨大な労力がかかる

仕事で「何をするか」はもちろん重要ですが、この転職市場は玉石混交であることを心得ておくべきです。そしてこの類似する膨大な量のピンキリの求人情報からいかに確実に、最短に、最高のものを見つけ出すことができるかを考える必要があります。もちろん自分でその膨大な情報を一つ一つ慎重に吟味して決めていくこともできますが、それは時間の無駄である可能性も高く、また調べきれないのが実情だと思います。

30代までに
積まれたキャリアは複雑
求人の抱える経営課題もさまざま

さらに問題を難しくするのは、あなたのこれまで積んできたキャリアです。
これまでに蓄積された約10年の業務知識や、経験を次の仕事でどのように生かすことができるのか?またそれを最高にいかすためのフィールド(仕事)がどこにあるのか?このベストマッチングを探すことは、とても難しいことなのです。それに加え、条件(年収&ポジション)についても吟味する必要があります。ポジションによっては思い描くやりたいことができない事態に陥ることは往々にしてありえます。(企業により与えられる裁量の大きさもさまざまです。)

信頼できる航海士のようなエージェントが必要

ではどうすべきなのか?それは本当に信頼できるパートナーを見つけることです。企業のニーズ、さらには経営課題まで熟知し、膨大な求人情報の海を的確にナビゲートしてくれる航海士のようなエージェントの存在が必要なのです。
そのエージェントは、求職者のこれまでの経験、能力の把握はもちろんのこと、さらに求職者自らが認識していなかった自分の強みまでプロの視点で見つけ出すような敏腕エージェントでなければなりません。
このサイトではそんな敏腕エージェントに出会えそうな人材紹介会社(エージェント)をいくつか紹介しています。人生を切り開くカギ、未知の可能性はそこにあるかもしれません。

30代の転職エージェント活用

30代の転職で重要になってくるのが、転職エージェントの選び方、付き合い方に関することです。

自分にとって最適な転職エージェントを選択しなければ魅力的な仕事を見つけることはできませんし、付き合い方についてもただお任せしていれば良いわけではありません。

ここでは、30代が転職エージェントを利用して転職を果たすためにどのような転職エージェントを選べば良いのか、付き合い方のポイントは何なのかについてまとめました。

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

新規事業の企画や成長軌道にのせるなど
経営課題に挑むハイクラス向け。コンサル案件多数。

クライス
&カンパニー

得意分野

  • 経営企画・事業企画
  • コンサルタント
  • トップマネジメント
【 賞歴・実績 】
2017年 アマゾン主催 年間エージェント『個人ランキング 第2位』で「企業に対する理解度」「決定困難なポジションでの採用貢献度」「候補者との深い関係性等」が評価され4年連続の受賞。その他ファーストリテイリング主催「FR Agent Award」において『ハイレイヤー賞(EXECUTIVE RECRUITING AWARD)』『IT部門賞』等受賞歴多数

特徴 /
コンサルタントの質

企業との強力なパイプとコンサル力で圧倒的な信頼

在籍コンサルタントの8割がキャリアコンサルタントの国家資格GCDFを取得し、高いスキルで候補者の可能性を引き出します。24年間で培った企業との強固なパイプがあり、国内外問わず数多くの大手企業へトップアプローチすることも可能な老舗エージェントです。

公式サイトへ

お問合わせはこちら

バイリンガルが最低条件。
外資系、または日系グローバル企業で活躍する。

ロバート
ウォルターズ

得意分野

  • バイリンガル・スペシャリスト
  • 外資系のメーカー、IT、金融業
【 賞歴・実績 】
人材業界の専門媒体『リクルートメント・インターナショナル(Recruitment International)』(本社:英国)が日本で開催する「リクルートメント・インターナショナル・アジア・アワード2016」式典において、最優秀企業に贈られる「カンパニー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。多国籍の各種製造業に関連した受賞歴多数。

特徴 /
コンサルタントの質

外資系やグローバル企業に強く世界28カ国に展開

外資系や日系グローバル企業を中心に強いコネクションを持ち、世界28カ国で展開している人材紹介会社。取り扱う求人はバイリンガルが最低条件であり、各業界のプロによるチーム体制で転職をサポートします。ハイクラス人材をターゲットにした求人が多い印象。

公式サイトへ

お問合わせはこちら

第二新卒向けの案件もあり。
幅広い求職者に対応可能。国内最大手。

リクルート
エージェント

得意分野

  • 第二新卒向け案件
  • 営業、IT・WEBエンジニア
  • MR・メディカル
【 賞歴・実績 】
創業以来、累計41万1,000名以上がリクルートエージェントを利用した転職の実績は他を圧倒(※2017年3月期のリクルートエージェント調べ)。一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上。賞歴は掲載がないものの、事実上転職支援実績No.1の国内最大手エージェント

特徴 /
コンサルタントの質

業界トップの求人数と転職支援実績で幅広い求人に対応

常時業界トップの求人数を保有し非公開求人が80%という国内最大手の人材紹介会社。豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが第二新卒向けの案件までカバーし、幅広い求職者に対応可能です。若いアドバイザーも多いですが、ハイクラスな人にはベテラン社員がついてくれる印象もあります。

公式サイトへ

お問合わせはこちら

気になる巨大マッチングサービス
ビズリーチの口コミ評判を調査

ビズリーチは有料型の、ヘッドハンターや人材派遣エージェントと求職者をマッチングさせるサイトです。近年急成長した巨大なサービスで、前述したおすすめ3選の中のエージェントも利用しているようですが、サービス規模が大きいこともあり、使い方には注意が必要です。

利用のメリット
・デメリット

ビズリーチに登録しているエージェントとその案件は、ハイクラスで優良な求人からそうでないものまで
玉石混交状態なので、慎重に選択することが重要です。

CASE 01

ビズリーチ体験事例1

ハイクラス案件は多いが問題はエージェントとの相性。スカウト=内定ではないことを忘れるべからず。

事例を詳しく

CASE 02

ビズリーチ体験事例2

ヘッドハンターもカネとヒト。実力あるヘッドハンターによるマッチングとサポートが有料サービスの所以。

事例を詳しく

CASE 03

ビズリーチ体験事例3

毎日届く大量のスカウトメール。そこから光る玉を見つけるのは苦痛だが正直悪い気はしない情報弱者の弱点。

事例を詳しく

エージェントに
あまり積極的に動いてもらえない人

残念ながら、エージェントが積極的に動いてくれないケースがあります。エージェントは過去の業務経歴、実績、年収を物差しにします。そのエージェントの物差しで市場価値があまりないと判断されてしまうと、エージェントの動きは鈍くなります。求職者の持つ真の実力を判断することは、非常に難しく、そういった物差しに頼るしかないのです。
そんな場合は、エージェントに頼らず、自分で自分を売り込む方法を探した方が良いかもしれません。(その際、お世話になったエージェントの本音をしっかり聞き出すと、客観的で有益な情報が得られることがあります。何が課題なのか明確になります。)
一方で企業の採用担当者は、自社の経営課題について深く知り、その解決のために人材を採用します。エージェントとは全く違う物差しで、採用を決定しています。ですので、たとえエージェントに積極的に動いてもらえない場合でも、自信を無くさず、自らの価値をしっかり見定め、採用担当に直接アプローチできる方法で自分のあった素敵な会社を見つけ出しましょう。

転職エージェントサービスとは?
-その選び方と付き合い方-

How to Select

転職エージェントの選び方

転職エージェントサービスの選び方の基本は、優良なキャリアコンサルタントに出会うことです。その見極めと、実践したい3つのステップを紹介します。効率よく信頼できるエージェントに出会うための最適な方法をピックアップしました。

転職エージェントの選び方を詳しく

How to Use

転職エージェントとの付き合い方

転職に必要な情報を持ち、求職者にとってアドバイザー&サポーターとなってくれる転職エージェントサービスと上手に付き合うために最も必要とされる信頼関係の構築方法について具体的な考え方や対応を解説します。

転職エージェントとの付き合い方を詳しく

話題の
注目業界への転職

いま世界でも注目されている業界は日々、優秀な人材を求めています。他の業界のノウハウを活用する目的もあり、ハイクラスな求人が多数あります。優秀な人材を探す企業と新たな仕事に意欲を燃やす求職者のハイクラスな転職事情について、業界ごとに市場動向や実際の求人例などを交えて解説します。

AI業界への転職

AI=人工知能はいまや世界の産業の主流として定着しつつあります。再びブームとなっているAIの分野は今どのような現状なのか、そして勢いを増す転職の市場動向について具体的に調査しています。今後の市場予想や実際の求人事例などをみながら、業界のあれこれについて自分なりに考える材料となるでしょう。

ロボティクス業界への転職

ロボット業界はその分野を多岐に広げ、ロボティクス技術はさまざまなシーンで活用されています。近年AIなどとの連携によりさらに技術は進歩し、高機能なロボットも登場。各種産業において大きな期待が寄せられています。その分野は生産流通だけでなく既に医療や介護など、ますます拡大することが予想されます。

IoT業界への転職

インターネットの普及は私たちの生活だけでなく、産業をはじめ社会そのものを大きく変革しました。インターネットアクセスを使ったコミュニケーションを通じてさまざまな分野がもっと便利にもっと楽しくスピーディに。転職でも人材不足から多彩な人材を募集しており、特に中途採用者の人材争奪戦となっています。

フィンテック業界への転職

知らないうちに私たちの生活の中に必需品となったフィンテック。従来の金融サービスを新しい形に変革し、もっと使う人の便利さと機能を追求してさらに拡大と成長を遂げている業界です。海外で既にトレンドとなり、膨大な市場規模として成長しているフィンテックの波はまもなく、いや既に日本にも上陸しているとの声も。

ヘルスケア・シニア
ビジネス業界への転職

医療構造改革関連法の成立から変わってきた社会の健康志向。より健康に生きるために、そして医療費削減に向けた取組として国もバックアップする疾病の予防と対策を根幹としたヘルスケアビジネスは、今後拡大こそすれ、衰退することはないでしょう。永遠のテーマであるヘルスケアと業界を支えるシニアビジネスの現状とは。

ベンチャー企業への転職

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのベンチャー企業は、日本社会のスピーディな成長と柔軟性を支える存在となっています。人材、スキル、可能性、夢などさまざまなキーワードが凝縮されたベンチャー企業とはどんなものなのか、そしてその現状と転職事情とは。特に若者や専門性を身に付けた人材に人気の高い、ベンチャー企業への転職を解説します。

コンサルティング業界
への転職

以前はそれほどその存在が注目されなかったコンサルティング業界ですが、今は企業のシンクタンクとしてその知識やノウハウなど実力が高く評価され引っ張りだこです。さまざまな分野で活躍するコンサルティング業界の歴史や現状、市場動向などを中心に求人の実際例をみながら、コンサルティング業界の転職を検証します。

CMOへの転職

最高マーケティング責任者と呼ばれ、企業のあらゆる戦略について管理し直接的な解決策を提案・実行する責任者がCMOです。実際の職務事例や求人例を挙げてその職務について説明し、転職事情もアドバイスしています。

CMOへの転職について詳しく

CTO、CIOへの転職

最高技術責任者、最高情報責任者と呼ばれ、前者は自社の技術的な責任を負う立場であり、後者はITシステムを取り入れ情報管理に基づいた経営戦略の責任を負い課題解決を図る存在です。これらの役職の転職事情とは。

CTO、CIOへの転職について詳しく

CCOへの転職

最高コンテンツ責任者と呼ばれ、自社のコンテンツに関してその内容や企画、立案から運営など全ての情報と戦略を統括する重要なポストです。その転職についての求人例と成功の秘策について紹介します。

CCOへの転職について詳しく

CKOへの転職

企業価値を高め、保持していくために重要な会社の知識やノウハウといった財産に対して責任を負う最高知識責任者と呼ばれるポストです。いま各業界で注目される存在であり大手企業などでも積極的に導入しています。

CKOへの転職について詳しく

CFOへの転職

企業経営の本幹ともいえるのが経理と財務です。会社の会計情報に関してすべてを把握し、財務戦略と経営戦略を結びつける立場にあるのが最高財務責任者であるCFOです。その職務と求人の実際について解説します。

CFOへの転職について詳しく

ハイクラス転職の
エージェント会社の
口コミ評判

ハイクラス転職のエージェントは、一般的な転職情報サイトと違って独自のコネクションやサポートを駆使して、よりよい転職情報を提供しています。ここではハイクラスの転職を扱っているエージェントの中からおすすめの会社を厳選して紹介しています。自分の目的にマッチしたエージェントを見つけるための参考にしてください。

クライス&カンパニー

コンサルティング力と企業との強いコネクションに定評があり、転職業界でもトップクラスの人材コンサルタントがそろっている。ハイクラスに特化した老舗エージェントサービス。

評判をみる

リクルートエージェント

国内最大級の転職エージェントとして、登録求人数もトップクラス、非公開求人も膨大な数となるリクルートが運営している転職エージェントで、丁寧なサポート体制にも定評。

評判をみる

ロバート・ウォルターズ

豊富な実績を持ち、特にエグゼクティブ向けの海外企業や外資系企業全般に強いエージェント会社。世界28カ国に展開し専門性の高いアドバイザーが業界を特化して紹介。

評判をみる

リクルートエグゼクティブ
エージェント

業界大手のリクルートが運営し、豊富なデータベースから特にエグゼクティブ人材に特化して人材紹介を行っています。多数の紹介実績を持ち、役職向けの求人にも豊富に対応。

評判をみる

プロフェッショナルバンク

ハイレベル求人に特化したヘッドハンティングによる人材確保と紹介を行っています。役職案件が豊富で非公開求人も多数を占めており、30代の転職希望を中心に扱っています。

評判をみる

DODAエグゼクティブ

人材紹介の大手で非公開求人にも強いパーソナルキャリアが運営しているエグゼクティブ人材に特化した転職エージェントです。年収800万円以上をベースとしてサポートしています。

評判をみる

プロコミット

扱っているのはベンチャー企業からエグゼクティブまで幅広く、数々の受賞歴を持つコンサルタントが豊富な経験から的確なマッチングを提案。サポートにも定評がある会社。

評判をみる

JAC Recruitment

ロンドン発祥の日系転職エージェント。国内外に独自のネットワークを持ち、外資系や海外企業などに強いパイプと紹介実績を持ち、他にはみないような案件も保有しています。

評判をみる

キャリアイン
キュベーション

30代を中心としてプロフェッショナルやCxO人材に特化して転職の紹介やマッチングを行います。業界に精通したスタッフによる充実のサポートが顧客満足度にも反映しています。

評判をみる

アクシスコンサルティング

コンサルティング業界に特化した転職のサポートで定評があり、中でもITコンサルタントに強いと言われます。スキルアップやキャリアパスなどさまざまな働き方に対応します。

評判をみる

ムービン

各業界のコンサルタントに特化してハイクラスの転職をマッチングする日本初のエージェントです。大手コンサル会社出身のキャリアコンサルタントが丁寧で確実なサポートを約束。

評判をみる

マッチング型
ハイクラス転職サイトの
口コミ評判

マッチング型ハイクラス転職サイトとは、インターネット上のサイトに会員登録をして個人の職務経歴書や希望などを登録しておくと、それをみたエージェントからスカウトが来るというスタイルの転職支援です。エージェントとのマッチングサイトです。エージェントも有名な会社から無名な会社までさまざまありますので、ここではどのエージェントを選ぶかその慎重な見極めが必要です。とにかく一定条件に合った求人情報なら少しでも多く欲しいという場合にはおすすめです。

ビズリーチ(BIZREACH)

国内最大級の転職サイトとして名の知れた存在。数多くのヘッドハンティング会社、エージェント会社が集まっています。有料の転職サイトです。(登録のみなら無料)

評判をみる

エグゼクティブ転職

エグゼクティブに特化してヘッドハンターがマッチングを行う日経HRが運営している転職サイト。登録求人数も8万件を超えており、幅広い求人情報を紹介しています。

評判をみる

キャリアカーバー

人材紹介では国内最大手ともいわれるリクルートが運営しているエグゼクティブ人材に特化した転職サイトです。無料登録でダイレクトにスカウトメールが届き直接交渉可能。

評判をみる

en ミドルの転職 プロフェッショナル

年収1,000万円以上の管理職や専門職に特化して、30代、40代のプロフェッショナルの転職を支援するサイトです。大手転職サイトenが運営し、外資系やグローバル企業案件も多数。

評判をみる

ページの先頭へ