MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » ハイクラス転職エージェント会社の口コミ評判

ハイクラス人材向け 転職エージェント会社の口コミ評判

このカテゴリーでは、ハイクラスの転職を扱っているエージェントの中からおすすめの会社を厳選して紹介しています。

ハイクラス転職のエージェントは、一般的な転職情報サイトと違って独自のコネクションやサポートを駆使して、よりよい転職情報を提供しています。

希望の転職をかなえるためには、自分の目的にマッチしたエージェントに依頼するのが最も効率よく、そして成功を収める方法です。

ここでは、エージェントの基本情報をはじめ、転職支援の主な特徴や実際に転職を果たした経験者の口コミなどをご紹介します。

クライス&カンパニー

多数の受賞経験を持ち、国家資格取得や研修を積んだ高いカウンセラーが、圧倒的な企業とのパイプをフル活用して、特に30代のハイクラス転職を中心とした転職支援を行っています。

クライス&カンパニーの口コミ評判について詳しく見る>

リクルートエージェント

業界最大級の求人保有数とサポートで定評のあるエージェント。非公開求人は80%と選択肢も豊富で、経験豊かなキャリアアドバイザーが多方面から転職を手厚くサポートしてくれます。

リクルートエージェントの口コミ評判について詳しく見る>

ロバート・ウォルターズ

スペシャリストに特化してグローバルな人材紹介を手掛けている30年以上の実績を持つエージェント。特に外資系の転職に強いコネクションを持ち、世界28カ国で展開しています。

ロバート・ウォルターズについて詳しく見る>

リクルートエグゼクティブエージェント

人材紹介最大手のリクルートグループの中で、特にエグゼクティブ人材に特化した紹介を行っています。データベースは25万人を超えており、役職者が多数登録しています。

リクルートエグゼクティブエージェントの口コミ評判について詳しく見る>

プロフェッショナルバンク

平均年収800万円以上、役職案件40%以上、非公開求人2,200件以上という実績を持ち、ベテランのコンサルタントが専任として転職をサポートしてくれるエージェントです。

プロフェッショナルバンクの口コミ評判について詳しく見る>

DODAエグゼクティブ

人材大手のパーソナルキャリアグループが運営しているエグゼクティブ案件に特化したエージェント。業界最大手のネットワークを持ち、非公開スカウト情報なども多数保有しています。

DODAエグゼクティブの口コミ評判について詳しく見る>

プロコミット

ベンチャーやスタートアップ企業求人をはじめ、エグゼクティブ求人も扱っています。受賞歴を持つコンサルタントがチームを組んでバックアップするシステムで企業からの信頼も厚いです。

プロコミットの口コミ評判について詳しく見る>

JAC Recruitment

ロンドンで生まれた日系転職エージェント。国内外に独自のネットワークを持っているため、外資系や海外進出企業の転職に強く、多数のコンサルタントが幅広い対応を行っています。

JAC Recruitmentの口コミ評判について詳しく見る>

キャリアインキュベーション

20~30代の若手プロフェッショナル人材やCxO人材に特化した転職をサポート。長期的な展望によるマッチングを行い、企業の成長と求職者の的確なキャリアサポートを目指しています。

キャリアインキュベーションの口コミ評判について詳しく見る>

アクシスコンサルティング

コンサルティング業界とITコンサルタント業務に強い会社です。コンサルタントに関する様々な職種や業種に対応し、専門のキャリアアドバイザーが的確な提案を行っています。

アクシスコンサルティングの口コミ評判について詳しく見る>

ムービン

日本初のコンサルティング業界に特化した人材紹介のエージェントです。大手コンサル会社出身の経験豊富なキャリアコンサルタントによる多角的な転職サポートで定評があります。

ムービンの口コミ評判について詳しく見る>

転職エージェントを活用して理想の年収を達成する

スキルアップや年収アップを求めて転職活動をしても、なかなか理想の条件を満たす企業に転職できないという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
高いスキルや経験を持っていても、上手くアピールすることができないと武器として活用することができませんし、個人での転職活動だとスキルを買い叩かれてしまうこともあるようです。
そんなときに活用したいのが、「転職エージェント」。
転職のプロである転職エージェントを利用することで、スキルを前面に出してアピールすることができるほか、理想の転職を成功させるためのアドバイスをしてもらえます。
これから転職活動をしようと考えている人は、ぜひ転職エージェントを活用することをおすすめします。

年収1,000万円

年収1,000万円の転職を成功させるには、企業が求めているスキルや経験と、応募者が持つそれが高い精度で一致していることが重要になります。
年収1,000万円で募集されている職種としては、経営や企画、営業、マーケティングなどの業務が多く、また役職がついている仕事が半数を占めているといわれていますので、前職でも役職のあるポジションを経験していることを求められるかもしれません。
また、今自分が持っているスキルを、転職先の企業でいかに発揮できるかという点を正確に伝えることが大切です。
個人での転職はこの点が大きなネックとなってしまうのですが、ここで転職エージェントが大きく活躍してくれます。
転職エージェントでは、企業がどのような人材を求めているか、またどのような業務を行なうかということを細かく理解した上で、それにマッチした人材をアサインします。
そのため、個人的に転職活動をするよりも、より企業に対して有利なアピールができるのです。

年収2,000万円

年収2,000万円以上の転職は、「エグゼクティブ転職」と呼ばれます。
今までの職歴の中でも役職についた経験を持ち、大きな成果を出してきている人、また経営の中心に立ち、組織を動かすことができる人材が求められます。
エグゼクティブ転職においては、年収や企業名だけを重視していると、自分がその企業に対してどのような活躍を見せることができるかがマッチしないため、今までの年収よりも低い年収だとしても転職できないというケースが多々あるようです。
金額やポジションにとらわれず、確固とした考えを持って転職に臨む気持ちがある人が、結果的に年収2,000万円の転職を成功させています。
このクラスの転職を成功させるには、企業の社格や必要としている人材を深く理解し、そこで自分が企業を盛り上げていくことができるか、という点が重要です。
転職エージェントでは、こうした情報を正確に把握した上で転職希望者がどのように活躍できるかを精査し、企業とつなげてくれます。

転職エージェントを活用して理想のポジションを手に入れる

転職は年収を上げるためだけに行なうのではなく、理想のポジションへのキャリアチェンジを行なうきっかけづくりにも活用でき、実際に理想の転職を成功させている人もいます。
これまでの仕事では役職がついていなかったが、役職あるポジションにつきたい、役員として転職したいなどといった形での転職も、スキル次第では可能です。
理想のポジションに就くために、各ポジションで求められる人間像や転職エージェントの活用について触れていきます。

マネージャー

マネージャーは中間管理職で、プロジェクトを進行するのはもちろんですが、メンバーがモチベーションを維持して仕事できるように導いていくことや、優秀な人材を育成することも重要な仕事のひとつです。
プロジェクトを遂行する管理能力と、社員を引っ張っていく人間性が、マネージャー職につく上で大切な要素となります。
これらの要素は未経験で培えるものではないので、まったくの未経験からマネージャー職への転職というのは、簡単ではありません。
まずは、マネージャー職に必要な資質を現職で培うというのもひとつの方法です。
しかし、マネージャー職の経験がなくても、プロジェクトリーダーとして業務を管理した経験がある、転職しようとしている企業が求める業務を経験している場合には、転職に成功できる可能性があります。
転職エージェントに相談し、これまでの経験からマネージャー職への転職が可能だと判断された場合には、スキルを上手くアピールしてもらいながら、見事転職を成功させた人もいるようです。

役員級

役員としてのポジションを確保した転職は、これまで役員経験があることが必須となっているケースが多いです。
また、役員としての中途採用自体が少ないので、アンテナを高く張り、チャンスを逃さないよう努める姿勢も重要になります。
転職エージェントは、大手がすべての求人情報を持っているというわけではなく、中小規模でも独自に契約している企業が募集している役員クラスの転職情報を持っているところも多いです。
転職エージェントを利用する際も、できるだけ多くのエージェントに登録をし、情報を逃さないようにしましょう。
また、必要とされる人材においても、役員クラスになるとかなり企業側のこだわりが出てきます。
個性の強い役員を求めている企業もあれば、そうでない企業もありますので、企業が必要とする人材であることを上手にアピールすることも重要です。
この点についても、転職エージェントが理解していますので、アピール方法について相談に乗ってくれます。

社長・社長補佐

社長や社長補佐といったポジションの転職は、中間管理職などと比べると劇的に求人が少なくなります。
直接誘いがかかる以外には、求人情報を見て自分で応募する、という転職方法はほとんどないと考えてよいでしょう。
こうしたハイクラスの転職においては、転職エージェントを通して行われるのが一般的です。
社長というポジションにつくまでには、今までの企業で長く働き、多くの実績を上げてきた経験があるはずです。
転職を成功させるには、これまで培ってきたスキルをいかに転職先で活かせるか、という点がポイントになりますので、求められている人物像とのマッチングは非常に重要になります。
転職エージェントではハイクラス転職を専門に扱っているところがありますので、こうしたエージェントに登録をし、綿密に打ち合わせた上で希望に合った転職先を斡旋してもらうとよいでしょう。
ただし、一般の転職エージェントと比較するとかなり数が少なくなりますので、できるだけ多くの転職エージェントに登録するのがポイントです。

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトで
求人情報を見る

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトで
求人情報を見る

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトで
求人情報を見る

ページの先頭へ