MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » CxOへの転職 » CTO(Chief Technology Officer)、CIO(Chief Information Officer)への転職

CTO(Chief Technology Officer)、CIO(Chief Information Officer)への転職

CTOやCIOとはどんな仕事か

CTOやCIOとはどんな役職であり、どのような業務を行うのかについて解説します。CTOやCIOの転職を考える際の参考にしてください。

そもそもCTOやCIOとは

CTO=Chief Technology Officer(最高技術責任者)

CIO=Chief Information Officer(最高情報責任者)

の略です。

CTOは自社の技術的な戦略や研究開発、課題解決などを経営者の立場から立案したり実施します。CIOは、ITを取り入れた経営戦略を実行し、課題解決を図る経営者側の責任者です。

実際の職務事例

CTOの職務としては

  • 戦略的な技術的方向性の決定
  • 研究開発の管理者側としての管理や監督
  • 企業内でのソフトウェアの活用の推進

などがあります。

またCIOの職務としては

  • 情報を活用した経営戦略の立案・実行
  • 会社を横断する情報共有とビジネスモデルの変革
  • 企業全体のIT活用

などがあります。

株式会社マクロミル

実例として、ネットリサーチのマクロミルでは、Airsという一連のリサーチの工程を自動化する独自のシステムを開発し、機能拡張などを進めて会社としての成熟度を上げています。この会社のCTOは業界でもまだ珍しい女性で、現在はウォーターフォール型の開発やアドテクノロジー・モバイルなどを使った開発経験をはじめ、海外のメンバーも交えたプロダクト開発やビジネスプランの策定などを通じて、次は閲覧データや購買データだけでなく行動データなどの分類や最適解の提供によって顧客のビジネス支援を目指した活動をしています。

実際の求人例から

CTOやCIOの転職にはどんな求人があるのか、具体的にその例を紹介します。

  • 【File 1】
    職種:CIO情報システム責任者
    職務内容:社長直下情報システム責任者として経営の立場から情報戦略を考え、実行できるプロフェッショナル。定期報告(プロジェクト報告、セキュリティインシデント報告含む)、IT投資計画、ROI、中期ビジョンの立案。
    応募要件:
    ・上場企業の情報システム部長経験(もしくはそれに準ずる修羅場経験)は必須。
    ・小売、消費財などの業界経験はあれば尚可。
    ・英語力はあれば尚可
    予定年収:1,200~1,500万円
  • 【File 2】
    職種:ゼネラルマネージャー
    職務内容:
    ・セールス、マーケティング、データサイエンス、製品チームと連携し日本の製造業向けの事業開発を担うリーダー
    ・日本の製造業向けの成功事例を海外オフィスのメンバーに展開する
    応募要件:
    ・日本の大手製造業(自動車、家電、重電、素材メーカーなど)に対して少なくとも5~7年の業務コンサルティング経験があること
    ・グローバルITベンダーの日本オフィスで製造・IoT領域のセールスディレクター経験があること
    ・人工知能、機械学習分野に深い理解があり、その実用化に情熱を持っていること
    ・日本語、英語が堪能であること
    予定年収:要確認

CTO、CIOへのハイクラス転職を叶えるオススメ人材紹介会社3選>>

管理人よりアドバイス

多くの企業で不在だったポストであり、現在ニーズの高まりが進んでいます。技術や人間的な資質を求められるため企業側のハードルも高く、転職エージェントの検索力や交渉力に期待したいところです。一度就任すれば社内外から高く評価される可能性を持つ重要なポストです。

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ