MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » CxOへの転職 » CKO(Chief Knowledge Officer)への転職

CKO(Chief Knowledge Officer)への転職

CKOとはどんな仕事か

CKOとはどんな役職であり、どのような業務を行うのかについて解説します。CKOへの転職を考える際の参考にしてください。

そもそもCKOとは
CKO=Chief Knowledge Officer ( 最高知識責任者)
の略です。

CKOの職務は、社内のインフラの監督や、新しいアイデアや知識が生まれる体制づくり(知識創造の促進)、従業員の情報やノウハウの管理、情報共有プログラムの構築などを通じて情報や知識を全体に活用できるように変革を行い組織の改善・保守などを行う責任者です。

実際の職務事例

CKOの職務としては

  • 知識やノウハウなどの資本管理の構成
  • 企業間や企業内での知識やノウハウの行動指針を活発化
  • 知識の構造基盤や組織化のサイクルを作り監督する
  • 企業内の関係性や調和、情報伝達を円滑にさせる

といったことがあります。

富士通コミュニケーションサービス

日本では富士通コミュニケーションサービスでは2005年にCKOを任命しました。

これは、顧客からのノーズを受け止め、期待を超える品質の提供を行うためのシステムを定着させるために導入したものです。サービス向上と品質保持のために組織全体の引き上げを目指し、それまで課題となっていた異なるセンター間のベストプラクティスの共有を解決するべくCKOを任命。同時にサポートサイエンス推進室を設置しました。これによってサポートの可視化と運営の標準化に取り組み、さらにサポートの科学的体系化を実施し、さらにサービスフレームワークを構築しました。

実際の求人例から

CKOの転職にはどんな求人があるでしょう。具体的にその求人例を紹介します。

  • 【File 1】
    職種:経営・管理職
    職務内容:会計、総務、法務、バックオフィス全般をグローバルチームと連携。外部の協力会社を活用しインターネットオリエンテッドで効率的なバックオフィス体制を構築、運用。魅力的な社内環境を設計・遂行など。
    応募要件:バックオフィス全般に深い経験、会計経験、マネジメント経験、英語ビジネスレベル
    予定年収:上限1,000万円

CKOへのハイクラス転職を叶えるオススメ人材紹介会社3選>>

管理人よりアドバイス

知識・ノウハウの共有や、イノベーションに結びつく新しいアイデアや知識創造など、近年注目が集まりながらも、なかなか会社の体制に組み込むことや体系化が難しく、各組織で試行錯誤が繰り返されています。それを担う最高責任者がCKOです。CKOは取締役のように社内の制度で決まった役職ではありません。そのため企業によって扱いが異なり、待遇も一定していないのが現状です。ですから、CKOとして転職を希望する場合には、企業側の情報を精査する必要がありますが、個人のリサーチでは情報収集は困難です。プロの転職エージェントならそういった社内情報にも精通していますので、相談すると希望に合った企業を紹介してくれるでしょう。

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ