MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » マッチング型ハイクラス転職サイトの口コミ評判 » ビズリーチ(BIZREACH) » ビズリーチ体験事例3

ビズリーチ体験事例3

この体験事例は「ここがヘンだよビズリーチ!転職エージェントと人事の2つの嘘」(URL: https://sashihara.jp/headhunting)をまとめたものです。

ビズリーチに釣り案件があったという内容が語られています。さらなる正確な情報、詳細については、上記サイトをご確認ください。

体験談:ビズリーチで大量の求人情報に溺れる

ビズリーチ体験で得た疑問

ビズリーチのスカウト機能にとても興味をもち利用した時に感じた疑問やデメリットをまとめて紹介します。

スカウトとかヘッドハンティングと聞くと、とても興味津々の私でした。

なにせ、いわゆる引き抜きのことですから、実力を認められたようなものではありませんか。お声がかかれば高待遇で採用されるような印象をずっともっていました。

でも、実際はそんなものではありませんでした。

ビズリーチ登録後に見えた現実

登録後にまず閉口したのが、何百何千といわんばかりの大量のメールが届いたことです。1カ月ほどの間に、面談が確約したというスカウトメールがどれほどたくさんきたことか。これにすべて目を通す作業は、最後は苦痛以外の何物でもありませんでした。

それと、もうひとつ失望したのがエージェントのスキルです。

ヘッドハンターは、サイト内でS・A・B・ランク無しの4段階にランク分けされています。点数もつけられているので、ランクと点数でエージェントを選べるというわけです。ただ、そもそもSやAランクのエージェントは特別で、そう簡単にはコンタクトできないものなんです。私のようなとりたてて目立つわけでもない人間は、Aランクのエージェントからスカウトメールがきたからといって会えるわけでもなく、声掛けだけで実際交渉するのはランク無しだったりするわけです。まあ、こちらとしてはあんまりだろという気分ですよね。

企業からの直接スカウトメールも、送り主が社長でも実際に行くと人事部対応

さらに時には、企業から直接スカウトメールがくることがあるんですが、これがまた怪しい。受け取った本人は、会社が自分に興味をもってくれたと喜ぶわけですが、返信すると、これから書類選考するから待っておれ的な返事が来たりします。

そして時には、送り主が企業の社長やCTOだったりすることもあります。そうすると、それなら話を聞いてみようと思っても、実際行ってみれば人事部が対応とか、そりゃないわ!という話です。初めからそう言ってくれればいいのに…

1カ月利用してみて、なんとなくカラクリが分かったような、底が見えたようなきがしました。そう考えると、お金払って紹介してもらうのもなんだかなぁと思ってしまいました。

転職・求人情報サイト、ビズリーチ(BIZREACH)の他の口コミ評判をみる>>

【参考URL】
「ここがヘンだよビズリーチ!転職エージェントと人事の2つの嘘」, <https://sashihara.jp/headhunting> 2017年12月1日アクセス.

管理人からひとこと~釣りもあるから冷静に~

こういった転職サイトでは、求職者の裏を突くようなやり方をするケースも少なからずあるようです。

興味をひきたい、人数を集めたいといった思惑もありそうですが、実際には優秀なエージェントもたくさん存在します。また、釣りではなく本当に社長からメールを送っている企業もあることを忘れてはいけません。(ただ社長が直々にスカウトメールを送るような会社はかなり小規模だと思われます。)

このようなケースは、様々なエージェントや会社があつまるビズリーチのようなマッチングサイトでは仕方がないことでしょう。将来を左右する転職先企業を決定するのはそれほどたやすくはないわけなので、いろんなパターンを見て情報収集のために上手に活用することが大切です。

いずれにせよ、ビズリーチはたくさんのエージェントがあつまるので玉石混交であることを理解し、ある程度割り切った付き合い方が大切です。

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ