MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » 話題の注目業界への転職 » フィンテック(FinTech)業界への転職

フィンテック(FinTech)業界への転職

今話題の「フィンテック」の動向をチェック

今話題だけど、何のことだかわからない人も多いフィンテックについて、基礎知識と市場動向を調査。誰にでもわかるように解説します。

さて、フィンテックってなんでしょう。

SNSなどでもフィンテックを語る人が結構いるようですが、正直いっていまいちよくわからないという人はかなり多いはずです。フィンテックという言葉が出てきたのは比較的最近のことです。

フィンテックはFinTechと書きますが、これはFinanceとTechnologyを合わせた言葉です。いわゆる造語?早い話が、金融とIT分野を融合させた分野とでもいいましょう。

ただし、誤解が多いので説明しておきますが、銀行がオンラインを使ったサービスをすることではありません。これは、IT活用の一例であってフィンテックとは別物です。

では、フィンテックってなんでしょう。

これは、IT関連企業が金融サービスをすることをいいます。つまり、先ほどの銀行の例の逆パターンということになります。実はアメリカでは日本より数年早くから始まっていたようです。

フィンテックのわかりやすい実例を挙げてみると

  • 楽天やアップルなどのモバイルペイでスマホで簡単お支払い
  • オサイフケータイもそのひとつ
  • 面倒な家計簿もクラウドで自動管理←実は小規模なら会社の経費管理も可能
  • 複数のクレジットカードのおまとめカードサービス

つまりフィンテックは、ITを使ってもっと簡単に便利にお金を管理しようという考え方に基づいています。LINEでスタンプを買ったり音楽を購入するのもフィンテックの技術が使われているのです。

そういえば、銀行を介さないお金の使い方はあっという間に浸透して、当たり前のことになっています。それだけ便利で誰でも利用できる簡単さがニーズとマッチしたわけで、これもITを使った最新技術というわけですね。

金融に関する学問やテクノロジーは以前からありました。しかし、それ以上にあっという間に普及したスマートフォンによって社会が大きく変わり、もっとインターネットを駆使した便利なサービスの必要性が望まれるようになったのです。いわゆるエンドユーザーにとっては、金融機関ブランドはもはや不必要になり、柔軟でスピーディな対応やサービスを望む声が増えてきたといえます。そこで、このようなエンドユーザーのニーズに応えるべくして生まれたのがフィンテックです。

率直にいえば、フィンテックのようなボーダーレスな金融サービスを導入しなければ、どんなに大手の金融機関でも生存競争から置いて行かれる可能性さえ出てきたことになります。お金のやり取りを中心に行ってきた金融機関と違って、フィンテックはネット上の取引履歴などから好みや興味を予測して表示したり、リアルタイムな情報提供などの付加価値をさらに増やすような取り組みを行い、今後さらに拡大することが期待されています。

フィンテック市場の最新動向をチェック!

フィンテックは、アメリカで既にトレンドがやってきており、数年かけて日本にもその波が到達します。といいますか、既に到達しているものと思われます。

実は既に、海外では1.5兆円市場といわれていて、国内でも100億円以上の規模とされています。三井住友や三菱東京UFJ銀行などの大手銀行は、フィンテックとのマッチングを視野に入れた動きも始めています。

さらに、VISAやMasterカードなどに代表される国際カードの電子決済に関しても、フィンテック市場は盛り上がっており、優良フィンテック企業の争奪戦も始まっています。また、こういった動向を前に、フィンテックの起業を図る人も増えています。つまり、フィンテックは、新規事業を生み出す側面と事業投資による利益を狙った側面があり、今後ますます増大することが予想されます。

投資家の間でもフィンテックのサービスの恩恵を受けており、従来の金融機関は最早必要ないのではとの声も聞かれたりするようです。

2015年以降、フィンテック企業がどんどん生まれています。産声を上げたばかりの若い企業から熟成された企業までその形態はさまざまですが、それぞれに必要とされる人材確保にしのぎを削っている状態です。

AI、IoT、コンサルティングなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

実際のフィンテック業界の求人事例を紹介

フィンテック業界の求人事例の一部を紹介してみましょう。

  • 【ファイル1】
    ・職種:ITコンサルタント
    ・業務内容:研修後 ITコンサルタントの実務
    ・給与:年収450~600万円(25歳・コンサルタント)、年収600~800万円(31歳・シニアコンサルタント)
    ・対象:IT・コンサルティング未経験者可。ITを使ったビジネス課題解決に興味をお持ちの方(30歳以下)
  • 【ファイル2】
    ・職種:IT戦略コンサルタント
    ・業務内容:クライアントの経営戦略に伴うIT戦略の立案・コンサルティング業務
    ・給与:中途採用年俸500万円以上、ポテンシャル採用年俸470万円以上(年齢や経験・スキルに応じて、当社規定による)
    ・対象:大卒以上。システム開発、またはインフラ構築の業務経験※別途ポテンシャル採用枠有(第二新卒)
  • 【ファイル3】
    ・職種:事務総合職
    ・業務内容:一般事務、データ処理・集計、加盟店サポート業務、バックオフィス業務
    ・給与:年収375万~600万円
    ・対象:未経験可(2年以上の社会人経験・短大卒以上、第二新卒可)

管理人からひとこと

フィンテックは、今成長期にある業界です。そのため、企業によって人材のニーズが異なることも特徴といえます。

どの企業が会社としてどんなステージにあり、どのような人材を必要としているのかを個々に見極めるのは至難の業です。

そこで、転職エージェントに相談することをおすすめします。エージェントは企業情報を的確に把握しています。また、内部事情に精通しているエージェントなら、さらに転職後のイメージを掴みやすいでしょう。フィンテックに興味のある人は、是非エージェントに相談してみてください。

最後にFinTechという言葉は造語で会って造語でない、今や英語圏でも通用する言葉であることを付け加えておきますね。

AI、IoT、コンサルティングなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ