MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » 話題の注目業界への転職 » ヘルスケア・シニアビジネス業界への転職

ヘルスケア・シニアビジネス業界への転職

今話題の「ヘルスケア業界」の動向をチェック

安定した需要が期待されているヘルスケア業界の基礎知識と市場の動向について解説します。

近年、健康志向の高まりで、社会が健康の維持や疾病予防と対策に対して非常に積極的になってきました。その意識の高まりと並行して、ヘルスケア業界は勝因開発やサービス開発に力をいれています。特にこの10年間に、健康管理を個人だけではなく企業や組織が後押しするようになりました。

初めて日本に国民健康保険の先駆けである国民皆保険制度ができた時、社会は大きく変わりました。このとき施工された制度は長く微修正をしながらも基本概念は変わることなく継承されてきました。そして平成18年に医療制度改革関連法が成立してから、日本の医療制度の変革と共に社会の考え方も変わることになります。健康保険は戦後の国民の健康づくりのためのものとして考えられていました。しかし制度改革によって、健康づくりが膨らみ続ける医療費の削減や適正化の手段となることを改めて認識された形となったのです。

平たくいえば、タバコや暴飲暴食、運動不足などで病気になり受診したら国の医療費負担も増えるから、予防をちゃんとして病院を受診しなくてすむようにしなさいということです。そういえば、いつの頃からか生活習慣病という言葉が世のおじさんたちのキーワードとなり、やれメタボだの禁煙外来だの、アイコスだのと、健康志向に関する言葉やグッズが急速に広がったものです。つまり、病気になったら病院に行って治すという概念から、病気にならないためにやるべきことに視点が変わってきたといえます。

そして医療制度改革関連法では、生活習慣病対策として40歳以上の人は特定健康診査を受けること、そして健診データの電子化なども薦められるようになりました。

このようなシニア向けのヘルスケアビジネスは、今後のヘルスケア業界の核ともなりえるため注目されています。

こういった背景から、ヘルスケアについては国を挙げてさまざまな取り組みが行われるようになりました。ヘルスケア産業における市場規模は、2020年に26兆円、2030年には37兆円ともいわれています。さらに、日本再興戦略により、医療介護や健康増進・予防への公的負担の軽減・ヘルスケア産業の創出、最先端技術やサービス提供など保険外診療に関するニーズ対応などを重点項目としています。また、次世代ヘルスケア産業協議会の設置により、今後さらなるヘルスケア産業の支援を予定しています。

現在、民間のヘルスケア産業は、予防・診断・治療・改善の各分野でさまざまなサービスを行っています。ヘルスケア市場を支える産業としては、製薬業界や医療機器業界、それに関連した周辺産業として、医師や医療従事者の転職支援やマーケティング支援などを行うプラットフォームビジネスや介護産業、フィットネス、健康食品、さらにレセプトのデータを蓄積して活用する企業などもあります。

このように、ヘルスケア業界の現況をまとめてみると

  • 非常に多岐にわたる大規模産業
  • 医療費削減に向けたさまざまな動きと連動して成長している
  • 国の支援があるため将来性がある
  • 社会的なニーズが高く注目されている
  • 今後後進国への市場拡大が期待できる
  • 社会貢献を基盤とした産業である

ということが挙げられます。ヘルスケア業界全体に視点を向けてみても、特に抜きでた企業や分野はないものの、新たな市場開発に向けた動きも加速度的に広がっています。

ヘルスケア市場の最新動向をチェック!

日本は、世界でアメリカに次いで第2位の医療費支出国です。長寿国でも知られていますが、2050年には国民の40%を高齢者が占めるともいわれ、それに伴って生活習慣病やがんなどの疾病が増加し、医療費支出は増加の一途だと思われます。

医療費について見てみると、2015年は39.5兆円、2020年には47兆円、2030年には54兆円と予測されています。

もちろん市場規模も並行しており、2030年には37兆円規模まで成長するともいわれており、ヘルスケア産業の今後の成長は他を凌駕する勢いというのが定説です。

現在の市場規模は国内医薬品9兆円、医療機器2.7兆円、医療IT4,000億円、介護7兆円、ドラッグストア3兆円といわれています。
そして、雇用は医薬品、医療機器等製造業1,000万人、サービス業(医療や福祉)600万人
と、まさに日本経済の立役者ともいえそうです。

さらに、そこにITやAIの活用など新たな取り組みが加速しており、いままさに波に乗った業界ともいえるでしょう。

したがって、ヘルスケア業界の転職は、医療に限らない幅広い経験やスキルに関連した企業も選択肢に入ってくるといえそうです。

AI、IoT、ロボティクス、コンサルティングなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

実際のヘルスケア業界の求人事例を紹介

ヘルスケア業界の求人事例の一部を紹介してみましょう。

  • 【ファイル1】
    ・職種:インターネットを通じた医療系サービス展開ベンチャー企業
    ・業務内容:介護領域におけるビジネス開発・事業管理
    ・給与:500万円~800万円程度
    ・対象:1年以上の事業運営経験、事業戦略、P/Lの策定とアクションへの落し込み経験を、KPIの分解と適切な目標設定を行うことのできるスキル、仮説志向とPDCAサイクルによる改善を推進できる経験、スキル、小規模組織のマネジメント経験
  • 【ファイル2】
    ・職種:アジア・オセアニアエリアの医療情報サービス
    ・業務内容:医療向けポータルサイトによるマーケティング支援責任者、デジタルプロダクト事業立ち上げ・推進
    ・給与:800万円~1,200万円程度
    ・対象:新規事業の企画、開発に主体的に関わった経験、ビジネスレベルの英語力、小規模事業運営の経験、新規事業の成長にコミットできる
  • 【ファイル3】
    ・職種: グローバル医療機器カンパニー
    ・業務内容:管理職・セールスプランニング(ディレクター以上)
    ・給与:2,000万円~3,000万円程度
    ・対象:ビジネスレベルの英語力を持ち、戦略・総合・人事コンサルティングファームいずれかでの経験が計3年以上、または医療機器メーカーの営業企画出身者

管理人からひとこと

ヘルスケア業界は、今医療に関連した多岐にわたる分野に広がりつつあります。そのため、転職の選択肢として医療にこだわらないスキルや経験に対してのニーズの高まりも見られます。

ただ、求人情報の検索を行う際に、限られた知識の中で選択するとロスが多いのが現状です。そこで、プロの転職エージェントに依頼すると、柔軟な発想と専門的な知識により、想定していなかった業種の提案なども受けられることがあります。特に幅広い分野に広がっているヘルスケア業界は、より専門的な情報に精通したエージェントを通して転職活動を行うと、失敗もすくないといえるでしょう。

AI、IoT、ロボティクス、コンサルティングなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ