MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » 話題の注目業界への転職 » IoT業界への転職

IoT業界への転職

今話題の「IoT業界」の動向をチェック

現代社会において今や欠かすことのできない分野であるIoT業界の基礎知識と市場の動向について解説します。

IoTはInternet of Thingsの略称であり、インターネットに関連するさまざまなものやその仕組みのことをいいます。

インターネットは私たちの日常生活の中にすっかり浸透しています。以前はパソコンを有線でつないでインターネットにつながるものでした。しかし、近年はスマートフォンをはじめ、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの生活家電もインターネットにつながるようになりました。パソコンを立ち上げてインターネットにつなぐだけでなく、それ以外のさまざまなアイテムが自ずとインターネットにアクセスして利用できるようにすることがIoT技術です。

そしてIoTは、こういったインターネットアクセスの技術の中でも人とのコミュニケーションが可能になる分野をいいます。

インターネットというと、既に子供から中には高齢の方まで日常生活で活用していますので、IoTの分野は比較的親近感を感じる人も多いかもしれません。

よく知られているIoTをピックアップしてみると

  • スマホのナビ機能
  • 自動車の自動ブレーキや自動運転システム
  • QRコードによるリアルタイム情報の入手
  • 心拍や血圧など健康状態の管理ができるウェアラブルデバイス
  • 農業における水や肥料の自動システム

などがあげられます。

スマートフォンなどは、なくてはならないものになりました。今やわからないことがあれば、スマホに聞けば道順だろうが美味しいお店だろうが即座に何でも教えてくれます。

ジョギングをする人たちは、腕に端末を着けて自分の体調やペースを見ながら楽しんでいたりします。不思議なもので、あれを装着しているだけでカッコいいできる男に見えるような気がするものです。

それだからこそ、電波が届かない場所などに行こうものなら本当に不便に感じるものです。昔はそれが当たり前だったにもかかわらず、「まだここは電波が届かないのか?」と電波がないことの方がおかしいような気さえしてきます。

それほど、インターネットは私たちの生活の中に溶け込んでいて、あって当たり前のものになっているといえますね。

その世界を支えているのが、IoTです。

そう考えると、IoTは世界をつないだ革命的存在といえるでしょう。

IoTでは、デバイスと呼ばれるセンサーを使ってインターネットにアクセスします。このセンサーにはさまざまな種類があり、それぞれに目的をもって働いています。例えば、温度や湿度などの環境に関するものや、振動や衝撃といった動きに関するもの、位置に関するものなどがあります。他にも、人を感知するものや声を感知するもの、映像を感知するものなど非常に多彩です。

分かりやすい例でいうと、最近CMで見たエアコンは、部屋にいる人の体温を感知してそれぞれの人に合わせた風を送るという機能をもっているそうです。

また、テレビをインターネットにつなぐことで、アンケート調査やテレビ投票なども部屋のリモコンで可能になりましたね。

このような技術は、一般家庭だけでなく企業や工場、病院、学校などさまざまな場所で活用されているのです。

IoT市場の最新動向をチェック!

IoT業界の人材需要の伸びは、中途採用者の求人数にも現れています。

求人サービスを扱っているインテリジェンスによると、2016年12月における中途採用求人数は25カ月連続過去最高であり、11月より2.9%増の約15万件に上ったそうです。IT業界が火付け役となって、このIoT技術をもつ人材の争奪戦が行われているようです。

特にIoT業界では、新規参入企業も増えており、既に業界を問わない求人が目立っています。また、技術職に限らず営業職など幅広い分野の関連業種が連携する必要性が大きい業界であることから、転職の幅も選択肢も、そしてチャンスも必ずやみつかるといえそうです。

2016年あたりから活発化してきた業界ですので、今年あたりから転職市場は求職者にさらなる追い風が吹きそうな予感です。

もうひとつ、IoT業界で定説を覆したのは、年齢におけるタブーです。従来IT関連業界では35歳が限度とされてきました。しかし、現在の人材不足も相まって、スキルや技術によっては40歳以上、中には50代でも採用の道が開かれることもあるようです。IoTを介して、幅広い分野からハイレベルの人材確保に企業側が奔走していることが伺えますね。まあ、優秀な人材欲しさに必死といったところでしょう。まだまだ開発と開拓の余地が多分に続く業界ですので、今後の成長には人材の質が必須という点は間違いないようです。

AI、ロボティクス、ヘルスケアビジネスなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

実際のIoT業界の求人事例を紹介

IoT業界の求人事例の一部を紹介してみましょう。

  • 【ファイル1】
    ・職種:エンジニア
    ・業務内容:組込み・制御ソフトウェア開発、WEB・業務アプリケーション開発、ITインフラ構築
    ・給与:年収725万円(月給52万円+各種手当+賞与/53歳・経験30年)、年収632万円(月給47万円+各種手当+賞与/44歳・経験20年)
    ・対象:高卒以上(文理不問)未経験者可。IT知識をおもちの方・経験者の方、歓迎(職種・業種不問)
  • 【ファイル2】
    ・職種:ITエンジニア
    ・業務内容:Webシステム開発、スマホアプリ開発、インフラ構築などから選択
    ・給与:年収460万円/28歳 SE職 経験3年、年収600万円/34歳 SEリーダー職 経験9年
    ・対象:学歴不問。アプリ開発(業務システム/スマホなど)、またはインフラ構築の業務経験
  • 【ファイル3】
    ・職種: ITエンジニア
    ・業務内容:業務系システムや、モバイル端末向けのアプリなどさまざまな分野のシステム開発
    ・給与:年収例500万円(入社4年目・30歳)、年収例400万円(入社2年目・25歳)
    ・対象:学歴不問・職歴不問

管理人からひとこと

IoT業界に転職を目指している人は、まず自分のスキルの見直しをしてみることをおすすめします。例えば、開発言語に精通していることやソフトウェア開発の知識を十分にもっていることなどは、IoT業界への転職に非常に強い武器となります。

このような転職に有利な情報は、プロの転職エージェントならしっかり把握しています。自分で転職先の検討をつけるよりも、紹介会社のエージェントに相談するとさらに掘り下げてマッチングしてくれるため、表立って見えなかった求人に目が届くこともあります。

転職を成功させるには、まずエージェントに相談してみることが成功のポイントです。

AI、ロボティクス、ヘルスケアビジネスなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ