MENU

優れたエージェントに出会うための第一歩

TOP » 話題の注目業界への転職 » ベンチャー企業への転職

ベンチャー企業への転職

今話題の「ベンチャー企業」の動向をチェック

とにかく若い人が敏感に反応する「ベンチャー企業」なるものについて、その市場動向や実情などを解説しましょう。

ベンチャー企業と耳にすると、なにが思い浮かびますか?「新しい会社」「自分のスキルを認めてくれる会社」「優秀な人材が集まっている会社」など、人によってそのイメージは違うでしょう。

確かに大きな集団の中にいると、その企業のブランドがまるで自分の力だと勘違いしてしまう人間も少なからずいるものです。「俺は○○社の社員だ」といった根拠のない自信が錯覚と気づくまでに随分と時間のかかる人もいるようです。

それはさておき、ベンチャー企業ではこのような根拠は無意味です。また、ベンチャー企業に転職を考えている場合では、前職の会社ブランドは履歴書の1行を埋める程度の意味しかなさないことを知っておくべきでしょう。

ベンチャー企業で求められるものはなにか、それは企業人としてのスキルであり経験であることをよく理解しておくべきです。また、ベンチャー企業がどういうものかを知っておくことも重要なことです。

ベンチャー企業に転職を考えている人の多くは、共通の不安を抱えているといいます。例えば

  • 倒産のリスクはないのか
  • 給与は大丈夫なのか
  • 仕事をちゃんとこなしていけるのか不安
  • 実力が伴わない、または業績が上げられず続かないのではないか
  • オールマイティに色々な仕事をやらされるのではないか

確かに、大手企業などと比べると、不安は尽きないでしょう。会社そのものの体力にも不安を感じて、将来的な展望が見えないこともあるかもしれません。

それなのに、なぜだか「ベンチャー」に惹かれるものを感じます。それはなぜか…

そもそもベンチャー企業とは、これまでになかったアイディアや独自の技術などで全く新しいビジネスを展開し急成長を遂げる可能性をもった企業をいいます。そしてベンチャー企業の中には、これまでの大手企業になかったもの、

  • 魅力とカリスマ性のある経営者の存在
  • オリジナルのビジネスモデルに将来的な可能性
  • 他とは違うオリジナルのスキルやノウハウ

などを強みとしているところが多く、そういった会社は確実な成長を遂げています。こういった点が、求職者や予備軍を惹き付ける源となっているのでしょう。

ただし、ベンチャー企業にはリスクもあります。

  • 安定していないため倒産のリスクがある
  • 労働時間は決まっていないのと同じ
  • 経営者の考え方や社風と合わないことがある
  • 仕事も体も自己責任が基本

まさに、ゼロからの出発だと思って添い遂げる覚悟をもって臨むには最適な企業かもしれませんね。社内のコミュニケーションには不自由しない反面、業務として対外的な交渉や営業を単独で発揮できるだけの精神的な強さや、必要最小限の労力と経費を心掛けるなど、独特な空気感も忘れてはいけません。組織がバックアップしてくれることを期待せず、自ら考え創造し達成することの面白さに気づけば非常にやりがいのある仕事となるでしょう。

ただし、いざ転職をして理想と現実のギャップに心が折れる人も少なくないのも事実です。ベンチャーとは、少なからず夢を追い求めるよりも現実を厳しく見る目をもって取り組むべき企業ともいえそうです。

ベンチャー企業市場の最新動向をチェック!

2015年の総務省の調査によると、ベンチャー企業全体の起業動向は2010年以降上昇傾向にあるとしています。将来性があると認めたベンチャー企業へ、ベンチャーキャピタルと呼ばれる投資会社が早い段階から投資を行っていることからも、その成長の兆しが伺えます。特に、スマートフォンやクラウド関連のベンチャーは成長しつつあり、市場の拡大や小規模からの事業化が可能になったことなども、若手の起業化には追い風となったようです。

東証マザーズによるベンチャーの上場状況を見てみると、オークファンやコロプラ、エニグモ、駅探など一度は耳にしたことのある名前もたくさんあります。こうしてみるとベンチャーのハードルが下がり、身近なものになったともいえそうです。

またベンチャー企業のグローバル化も進み、インターネットを使った海外展開によるビジネスチャンスの解放も市場拡大を手助けしています。

そのほか、関心が高まっているベンチャーは、ものづくり産業やモバイル関連産業、ビッグデータ関連の技術系企業、製造業や流通業など幅広分野に広がっています。

世界的にも知られるベンチャー企業も現れており、今後は地道な市場拡大が予想されます。

AI、IoT、ロボティクス、フィンテックなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

実際のベンチャー企業関連の求人事例を紹介

ベンチャー企業関連の求人事例の一部を紹介してみましょう。

  • 【ファイル1】
    ・職種:システムエンジニア
    ・業務内容:次世代型マーケティングプラットフォームに関わる企画・立案、要件定義、設計・開発、運用、データ構築など
    ・給与:年収336万円~490万円(月給28~40万円※給与詳細は前職の年収・スキル、経験を考慮)
    ・対象:大学院、大学、専修・各種学校、高等専門学校卒以上
  • 【ファイル2】
    ・職種:クリエイティブディレクター
    ・業務内容:記事広告の企画立案・制作ディレクション、広告動画の企画・制作ディレクション、リアルイベントの企画・運営など
    ・給与: 年収300万円~600万円(月給25万円~)
    ・対象:学歴不問。3年以上程度のクリエイティブディレクターまたは広告プランナーとしての経験)、3年以上程度の編集・ライター経験(出版社やウェブメディアでの経験者尚可)
  • 【ファイル3】
    ・職種:アカウント運用職
    ・業務内容:DMPサービスにおけるプロモーション
    ・給与:年俸300万円~800万円予定
    ・対象:大学院、大学、短期大学、専修・各種学校、高等専門学校卒以上

管理人からひとこと

ベンチャー企業への転職を希望する人は、まずそのメリットとデメリットを理解したうえで、検討することが大切です。また、どのような目的をもってどのような分野を希望しているのかを明確にし、条件においても前職より年収が下がることも想定内であることは理解しておく必要があります。

より現実的な視野をもって冷静に転職を決定するために、是非プロの転職エージェントに相談しましょう。第三者からの専門的なアドバイスが非常に強いサポートとなるだけでなく、企業との交渉も代行してくれるため心強いパートナーとなることは間違いありません。

AI、IoT、ロボティクス、フィンテックなど他の注目業界への転職について詳しく見る>>

ベテラン&敏腕エージェントに出会える
人材紹介会社3選

第二新卒から
幅広い求人に対応可能

リクルートエージェントHPキャプチャ

リクルート
エージェント

公式サイトへ

コンサルや市場・
経営課題に挑む人向け

クライス&カンパニーHPキャプチャ

クライス&
カンパニー

公式サイトへ

グローバルに活躍。
バイリンガル向け

ロバートウォルターズHPキャプチャ

ロバート
ウォルターズ

公式サイトへ

ページの先頭へ